撃ったクマに押しつぶされる、ハンターが重体 米アラスカ州

Daniel A. Leifheit/NAtional Park Service

Daniel A. Leifheit/NAtional Park Service

(CNN) 米アラスカ州でこのほど、ハンターが尾根でクマを撃ったものの、上から転がり落ちてきたそのクマや岩に巻き込まれて重体となる出来事があった。

州の公共安全部門によれば、ウィリアム・マコーミックさん(28)と、19歳のパートナーの2人が9月29日、アンカレッジの南にある湖の近くで、狩猟を行っていた。クマを追いかけ、尾根の上にいたクマを撃った。

傷ついたクマは岩とともに2人に向かって斜面を転がり落ちた。

クマと岩がぶつかり、マコーミックさんが負傷。もう一人のハンターは無事だった。当局によれば、マコーミックさんはヘリコプターでアンカレッジの病院に搬送されたが重体だという。

2人は兵士で、アンカレッジ近郊の基地に勤務しているという。

州当局者はクマが死んだのかどうかやクマの種類について明らかにしていない。成長したクロクマの体重は最大で158キロ。ヒグマは400キロ超、グリズリーは635キロを超えることもあるという。

州の魚類鳥獣部門によれば、この時期のクマは冬季の冬眠に向けて脂肪を蓄えており体重もピーク近くになるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]