ユダヤ人施設に「かぎ十字」の落書き 米バージニア州

監視カメラにとらえられたスプレーする人物/Fairfax County Police Department

監視カメラにとらえられたスプレーする人物/Fairfax County Police Department

(CNN) 米バージニア州北部にあるユダヤ人施設で6日、第2次世界大戦中にユダヤ人を迫害したナチスのシンボル、かぎ十字が19個、スプレーで落書きされているのが見つかった。

現場は首都ワシントンから約22キロの同州フェアファクス郡にあるユダヤ人コミュニティーセンター。この施設は約1年半前にも同じような被害を受けていた。

施設の責任者はCNNに、1度目ほどのショックはないと話した。「同じことが絶えず繰り返され、国内各地で日常茶飯事になっている」「寄せられる応援の声からも、うんざりした様子がうかがえる」と指摘した。

落書きは6日午前8時頃、施設の職員が発見した。防犯カメラには、午前4時半ごろにスプレーで落書きする人物の姿が映っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]