1つの公園で60人が薬物過剰摂取、2人重体 米東部

過剰摂取をした人たちは合成大麻K2の一種を使用していたとみられている/CNN

過剰摂取をした人たちは合成大麻K2の一種を使用していたとみられている/CNN

(CNN) 米東部コネティカット州ニューヘイブン市の警察は16日までに、市内の公園で薬物を過剰摂取していたとみられる患者60人に対応したことを明らかにした。合成大麻K2の一種を摂取していたとみられている。

一連の事案は15日、市中心部にある大規模な公園「ニューヘイブン・グリーン」で起きた。患者の年齢層などはさまざまだという。

警察報道官は、「これは米国全体の問題であり、それを踏まえた対策が必要だ」と強調。警察や消防、病院を含む関係機関はいずれも手一杯な状況だと訴えた。

今回の件では1人が身柄を拘束されている。

ニューヘイブン市の救急対応責任者、リック・フォンタナ氏によれば、患者には心拍数の増加や呼吸数の低下、大量の嘔吐(おうと)がみられ、意識を失っていた人もいた。死者は出ていないが、2人が命にかかわる重体に陥っているという。

イエール大学公衆衛生大学院の研究者によれば、K2はマリフアナに関連した合成カンナビノイドで、他のドラッグと混ぜられることが多い。

フォンタナ氏は救急チームの対応について「素晴らしかった」と称賛。一度に6~7人を搬送したケースもあったといい、救急チームの行動で命が救われたと話した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]