嗜好用マリフアナの販売開始、店外に大勢の列 米加州

カリフォルニア州で嗜好用大麻の販売が解禁となった

カリフォルニア州で嗜好用大麻の販売が解禁となった

(CNN) 米カリフォルニア州で1日、嗜好(しこう)用マリフアナの販売が始まり、認可店の前では購入に来た数百人が列を作った。同州での販売開始はマリフアナの大衆化に向けた節目になると見られている。

行列は開店時間のはるか前からできていた。店主らは、大きな需要を見込んで在庫を充実させたと話した。

カリフォルニア州サンノゼにある医療用マリフアナ販売店の店主は、「開店から7年間で一番忙しい日なのではないか」と語った。この店舗は嗜好用マリフアナの販売も行う免許を同州で最初に交付された。建物内のすべての椅子が埋まっており、顧客は店外にあふれているという。

店主はCNNの取材に、前夜は30%の売上増を期待していたが、店舗の状況を見たところ50~60%増になりそうだと話した。

米国で嗜好用マリフアナの販売を解禁したのはカリフォルニアで6州目。カリフォルニアは米国で最も人口の多い州であることから、マリフアナの大衆化に向けて大きな後押しになるとの見方が多い。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]