米東部2州で連続銃撃事件、6人死傷 容疑者を逮捕

事件後、現場近くに集まった人々=18日、メリーランド州エッジウッド

事件後、現場近くに集まった人々=18日、メリーランド州エッジウッド

(CNN) 米メリーランド州とデラウェア州で18日、同じ男の犯行と思われる銃撃事件が相次ぎ、3人が死亡、3人が負傷した。警察は、車で現場から逃走していたレディー・レビーブ・プリンス容疑者(37)を、殺人などの容疑で逮捕した。

警察によると、プリンス容疑者は現地時間の18日午前9時ごろ、メリーランド州エッジウッドにある事業所で短銃を発砲して3人を殺害、2人を負傷させた。

プリンス容疑者は4カ月ほど前からこの事業所に勤務しており、18日も出勤予定だったという。負傷した2人は病院に運ばれたが、重体となっている。

同容疑者はその後、メリーランド州の現場から約90キロ離れたデラウェア州ウィルミントンへ車で移動。同日午前11時ごろ、自動車ディーラーで男性を銃撃して負傷させた。

この男性がプリンス容疑者の知人だったことから、容疑者の氏名と乗っていた車の車種を警察に通報。同じ車はメリーランド州の現場でも目撃されており、警察が発見して追跡したが、間もなく見失った。

死傷した6人はいずれもプリンス容疑者の顔見知りで、警察では同容疑者が特定の相手を狙って銃撃したとみて調べている。詳しい動機は分かっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]