カリフォルニア州山火事、21人死亡 687平方キロ焼ける

2017.10.12 Thu posted at 12:25 JST

[PR]

(CNN) 米西海岸カリフォルニア州で発生した山火事は依然として燃え続けており、当局によれば、死者は21人に上る。数百を超える建物が被害を受け、数千人が避難を強いられている。山火事によって焼かれた範囲は約687平方キロにおよぶとみられている。

火災の大部分は8日に発生。風速約35メートルの風と湿気が少なかったことで燃え広がった。今週に入り風はいったん収まったものの、11日には風速約9~18メートルの風が吹いた。湿度は非常に低く、今後数日は雨が降らないとみられている。

火事により大きな被害が出たソノマ郡では、当局に600件の行方不明者の報告が入ったという。このうち315人について居場所の確認が取れた。当局は残りの285人の大部分についても通信環境が改善すれば解決するとみているが、死者が増える可能性も危惧されている。

当局は11日、約8000人の消防士が消火活動にあたっていると明らかにした。州外からの170台を含め消防車550台が配備されている。ヘリコプター73機、飛行機30機超も消火活動にあたっている。

メールマガジン

[PR]