ミシェル夫人、講演で若年層にメッセージ 多様性の意義訴え

ミシェル夫人が講演で若い世代にかける期待を語った

ミシェル夫人が講演で若い世代にかける期待を語った

(CNN) ミシェル・オバマ前大統領夫人はこのほど、米ペンシルベニア州で開催された女性団体の会議で講演し、若い世代にかける期待や多様性への思いを語った。

ミシェル夫人は、米国の若者の多くがオバマ前大統領の時代しか知らない世代だと指摘。かれらは「希望と可能性、選択と機会」に恵まれながら育ってきたと話した。

トランプ大統領を名指しこそしなかったものの、「若者たちは今起きていることの中に、自分たちが教えられたことと本質的に違う部分を感じているでしょう」と述べ、トランプ政権になって米国が大きく変化しているとの認識を暗に示した。

そのうえで、次世代が持つリーダーシップの可能性に希望を感じると語り、「明らかに不公平な現実を、この世代は容認しないはず。世界で今起きていることを見て、これは正しくない気がする、私が教えられたことじゃない、と考えるでしょう」と強調した。

さらに、イリノイ州シカゴに建設される大統領図書館「オバマ大統領センター」は、そんな若いリーダーたち、特に女性たちの能力を育てるための政策策定が中心テーマになると訴えた。

ミシェル夫人はまた、とりわけ政治において新しいアイデアや新しい声、多様な視点を取り入れることが不可欠だと考えていると述べた。

ホワイトハウスや議会に入った人々はその場に長くとどまり過ぎる傾向があり、いつしか世の中との接点を失ってしまうと指摘。「このポストは自分のもの、と思い込みがちだけれど、本当は違う。そのポストは国のためにあるのです」と力を込めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]