全米ライフル協会、「バンプストック」の規制検討に支持表明

2017.10.06 Fri posted at 09:42 JST

[PR]

ワシントン(CNN) 全米ライフル協会(NRA)は5日、半自動小銃を自動小銃のように使用できる「バンプストック」と呼ばれる装置について、連邦法に沿っているかどうかの見直しを支持すると発表した。

バンプストックについては、ラスベガスで起きた銃乱射事件を受けて禁止を求める声が強まっている。

NRAは銃規制強化に反対するロビー団体として、米国で最も強い影響力をもつとされる。しかし今回の発表ではバンプストックについて、「連邦法に沿っているかどうかを直ちに検討するよう、アルコール・たばこ・火器爆発物取締局(ATF)に求める」と要請。「NRAは、半自動ライフルを全自動ライフルのように機能させる装置はさらなる規制の対象にすべきと考える」と言明した。

バンプストックの禁止は米議会でも論議されている。与党共和党のカーベロ下院議員は、バンプストックの販売を禁止する法案を5日に提出する見通し。

ホワイトハウスのサンダース報道官は同日、バンプストック禁止法案に対しては前向きな立場だと述べ、政権も論議にかかわりたい意向だと言い添えた。

一方、野党民主党のペロシ下院院内総務は4日に開かれたCNN主催のタウンホール会議で、身元審査の強化を求める提案を改めて強調。ライアン下院議長に対し、銃規制に関して妥協点を探る委員会の設置を求めた。

ペロシ氏はまた、バンプストックの販売禁止については超党派の支持が得られるとの見通しを示している。

ライアン議長も5日、バンプストックの合法性を審議することに前向きな姿勢を示した。

メールマガジン

[PR]