米ホワイトハウス、複数の報道機関を取材から排除

米ホワイトハウスのショーン・スパイサー報道官

米ホワイトハウスのショーン・スパイサー報道官

ニューヨーク(CNNMoney) CNNなど複数のニュースメディアは24日、米ホワイトハウスで行われたカメラ撮影のない取材への参加を拒否された。取材にはホワイトハウスが選んだメディアが参加した。報道機関や報道の自由の監視団体の間では警戒感が高まっている。

今回の決定はホワイトハウスのベテラン記者陣に現代では前例のない出来事だとの印象を与え、トランプ政権と報道機関の間の緊張関係をさらに高める形となった。

CNNのほか、米紙ニューヨーク・タイムズやロサンゼルス・タイムズ、政治専門メディアのポリティコ、ニュースサイトのバズフィードも取材から排除された。今回の取材形式は「ギャグル」として知られ、ホワイトハウスの記者会見場でテレビ放映される定例会見の代わりに報道官室で開かれた。

これらの報道機関の記者が取材に参加するためスパイサー大統領報道官の執務室に入ろうとしたところ、出席者のリストに記載されていないため参加できないと伝えられた。

ホワイトハウスのサラ・サンダース副報道官は今回の動きを擁護する短い声明を発表。ホワイトハウスは「代表記者団を受け入れ、皆が代表され我々から最新の報告を受け取れるようにした」と述べた。

ホワイトハウスの代表記者団は通常、テレビ局とラジオ局、活字メディア1社ずつの代表者のほか、通信社数社の記者らで構成される。今回の場合は、5大テレビ局のうちNBC、ABC、CBS、FOXニュースの4局は招かれて取材に参加したものの、CNNだけが締め出された。

またニューヨーク・タイムズが排除された一方で、ニュースサイトのブライトバート・ニュースや米紙ワシントン・タイムズ、ニュース専門局のワン・アメリカ・ニュース・ネットワークといった保守系メディアは参加が認められた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]