北朝鮮、BBC取材班を国外退去 一時拘束して「尋問」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北朝鮮当局が報道内容を理由にBBC特派員を一時拘束。その後、国外退去させた

北朝鮮当局が報道内容を理由にBBC特派員を一時拘束。その後、国外退去させた

平壌(CNN) 北朝鮮の朝鮮労働党大会の取材のため北朝鮮に滞在していた英BBCの東京特派員が、「礼儀を欠く」報道を行ったとして一時的に拘束され、国外退去処分となった。

BBCアジア支局長はツイッターで、ルパート・ウィンフィールドヘイズ特派員が9日夕、平壌発の便で北京に到着したことを明らかにした。同僚のプロデューサー、マリア・バーン氏と、カメラマンのマシュー・ゴダード氏も一緒だった。

ウィンフィールドヘイズ特派員は平壌の空港で北朝鮮当局に拘束され、8時間にわたって事情を聴かれた後、謝罪声明に署名させられたという。

北朝鮮当局は、同特派員が先週、北朝鮮国内から「礼儀を欠く」報道を行ったと説明している。

北朝鮮全国平和委員会のオ・リョンイル事務局長は記者会見の中でBBCの取材班に言及し、「地元の習慣や北朝鮮の体制を尊重せず、事実をゆがめた」と批判。「公正で客観的かつ正しい取材を行うべきところを、この国の指導体制についてひどい悪口を言った」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]