入国禁止措置に「反対」の司法省長官代行、トランプ氏が解任

2017.01.31 Tue posted at 12:00 JST

[PR]

ワシントン(CNN) 米国のトランプ大統領は30日夜、米司法省のサリー・イェイツ長官代行を解任した。ホワイトハウスが明らかにした。同長官代行が、米国市民を守るための法秩序の執行を拒否したためだとしている。

ホワイトハウスは声明で「(イェイツ氏が)司法省を裏切った」と述べた。

この直前には、イェイツ長官代行が同省の弁護士に対し、移民や難民に関するトランプ大統領の大統領令を擁護する弁論を行わないよう指示していた。この動きは、オバマ前大統領が指名したイェイツ氏と、トランプ政権との対立を浮き彫りにしていた。

メールマガジン

[PR]