ブッシュ元大統領が退院 肺炎で治療受け回復

肺炎の治療を受けていたジョージ・H・W・ブッシュ元大統領が退院した

肺炎の治療を受けていたジョージ・H・W・ブッシュ元大統領が退院した

(CNN) 米テキサス州ヒューストン市内の病院で肺炎の治療を受けていたジョージ・H・W・ブッシュ元大統領(92)が30日に退院した。

同氏はジョージ・W・ブッシュ元大統領の父で、1988~92年に大統領を務めた。

肺炎に起因する呼吸器系の不調で14日に入院し、集中治療室に収容されたが、19日前後から快方に向かっていたという。

同じ病院に夫人のバーバラさんも入院したが、抗生物質が効いて先週退院していた。

夫妻は当初、20日に挙行されたトランプ大統領の就任式に出席する予定だったが、健康上の懸念を理由に見送った。式には息子のブッシュ氏が出席した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]