米次期政権のNSC幹部候補、指名を辞退 盗用問題で

モニカ・クローリー氏

モニカ・クローリー氏

ニューヨーク(CNNMoney) 米国のトランプ次期政権の国家安全保障会議(NSC)幹部に指名されていたモニカ・クローリー氏が指名辞退を決めたことが17日までにわかった。CNNが確認した。

クローリー氏は保守系の著作やテレビ番組の司会などで知られる。次期政権でNSCの戦略広報部門を率いるポストに指名された後、過去の著書などに大量の盗用が見つかっていた。

辞退の意向は米紙ワシントン・タイムズが最初に報じ、政権移行チームのメンバーがCNNに確認した。

クローリー氏は同紙への談話で「熟考の末、次期政権のポストには就かず、ニューヨークにとどまってほかの機会を追求することを決めた」と表明。「トランプ次期大統領のチームに加わるよう指名を受けたことには深く感謝し、今後もトランプ氏と、米国再生へ向けた同氏の政策を心から支援する」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]