トランプ氏、事業経営から退く意向表明 利益相反回避へ

トランプ氏が事業から身を引く考えを明らかにした

トランプ氏が事業から身を引く考えを明らかにした

ニューヨーク(CNNMoney) 米国のドナルド・トランプ次期大統領は11月30日、事業経営から身を引く意向を表明した。大統領就任後の利益相反を避ける方策については12月15日に開く記者会見で明らかにする。

トランプ氏は例によってツイッターへの投稿で、15日に開く「大々的な記者会見」の予定を発表。この場で自身が経営するトランプ・オーガナイゼーションから退く計画について説明するとした。

同社の経営は自分の子どもたちに引き継ぐ予定だといい、記者会見には子どもたちも同席させる。

トランプ氏が経営する企業や経営にかかわる企業は500社を超す。このうち約150社は、トルコ、カタール、サウジアラビアなど米国外で事業を展開している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]