トランプ氏と傘下企業との利害対立、米国民の6割が懸念

トランプ氏の展開する事業について、大統領職との利害対立を懸念する声が浮上している

トランプ氏の展開する事業について、大統領職との利害対立を懸念する声が浮上している

ニューヨーク(CNNMoney) 「不動産王」としても知られるドナルド・トランプ米国次期大統領が在任中に傘下企業の経営権を子女に委ねたとしても、大統領職と事業権益などに絡む利害対立を防ぐ十分な対抗策に成り得ないと米国民の約6割が懸念していることが最新世論調査で24日までにわかった。

CNNの調査によると、利害対立を阻止するため事業展開の主導権は子どもに委ねると主張するトランプ氏が経営もしくは利害を持つ企業は500社以上。トルコ、カタールやサウジアラビアなど少なくとも25カ国での約150事業も絡む。

企業倫理などの専門家は、トランプ次期大統領ほど利害対立や事業権益に絡む政治的汚職の問題との関わりが注目される大統領は歴代にいなかったと指摘。トランプ氏が傘下企業の経営から離れたとしてもその懸念は続くとも述べた。

CNNと世論調査機関ORCが共同実施した今回調査によると、米国民の59%がトランプ氏による利害対立の回避策は不十分と回答。満足出来るとしたのは39%だった。

この中でトランプ氏は最近、ツイッター上で自らの事業展開は大統領選前から周知の事実と主張。利害対立などの問題を騒ぎ立てるのは不正なメディアだけと述べた。

トランプ氏の政権移行チームには、長女イバンカ氏、長男ドナルド・ジュニア氏、次男エリック氏にイバンカ氏の夫ジャレッド・クシュナー氏が加わっている。イバンカ氏夫妻は、日本の安倍晋三首相とトランプ氏との先週の会談にも同席していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]