クリントン氏、リード奪還 民主党大会後の世論調査

民主党全国大会後、支持率でのリードを回復したクリントン氏

民主党全国大会後、支持率でのリードを回復したクリントン氏

ワシントン(CNN) 米大統領選に向けた民主党全国大会の直後に実施された世論調査で、同党候補のヒラリー・クリントン前国務長官が共和党候補の実業家ドナルド・トランプ氏からリードを奪い返したことが2日までに分かった。

CNNと調査機関ORCが実施した最新の調査によると、クリントン氏とトランプ氏の支持率は52%対43%で、クリントン氏が優位に立っている。党大会前の調査に比べ、同氏の支持率は7ポイント上昇した。

両氏にリバタリアン党のゲーリー・ジョンソン元ニューメキシコ州知事、緑の党のジル・ステイン氏を加えた4人の支持率調査でもクリントン氏が45%と、トランプ氏の37%を上回った。ジョンソン氏の支持率は9%、ステイン氏は5%だった。

民主党大会に先立って開かれた共和党全国大会の直後の調査では、1対1でも4候補の比較でも、トランプ氏の支持率がクリントン氏を上回っていた。

共和、民主両党の全国大会前に比べると、クリントン氏の政策が米国を正しい方向へ導くだろうと答えた人は43%から48%に増加。一方、トランプ氏について同様の見方を示す人の割合はほぼ横ばいだった。

クリントン氏に投票すると答えた人に、同氏自身への支持を表明するためか、それともトランプ氏に反対の立場を示すためかと尋ねた質問に対しては、58%が前者だと回答した。5月初めの時点でクリントン氏支持のためと答えた人は48%にとどまっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]