トランプ氏に党内から非難の嵐、戦死者の両親への発言で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自身への批判に対する反論からまたしても非難を浴びることになったトランプ氏

自身への批判に対する反論からまたしても非難を浴びることになったトランプ氏

ワシントン(CNN) 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の発言が、またしても党内の重鎮らから非難を浴びている。問題になっているのは、イラク戦争で息子が戦死したイスラム教徒の夫婦に対する発言だ。

イスラム教徒のキズル・カーンさんと妻ガザラさんの息子は2004年、米軍兵として派遣されていたイラクでの自爆テロで死亡した。夫妻は先週の民主党全国大会で登壇し、キズルさんが合衆国憲法を胸ポケットから取り出して、トランプ氏が提案するイスラム教徒の入国禁止は憲法違反だと主張。「トランプ氏はなにひとつとして、だれひとりとして犠牲を払っていない」と批判した。

これに対しトランプ氏はニューヨーク・タイムズ紙やABCニュースとのインタビューで、妻のガザラさんが檀上で「何も言わずに立っていた」「発言を許されていなかったのかもしれない」などと述べた。

ガザラさんは31日付のワシントン・ポストに寄せた論説で、檀上での発言を控えたのは精神的につらかったからだと反論。「トランプ氏にも愛する子どもたちがいるのに、私が話をしなかった理由が本当に分からないというのか」と問い掛けた。

戦死者の遺族を攻撃したトランプ氏に対し、共和党内部から非難の声が相次いでいる。

同党の重鎮、リンジー・グラハム上院議員は声明で「米国の政治にはかつて聖域があったものだ。戦死した兵士の両親に対しては、たとえ批判されても自分からは批判しない、というように」「自由世界の指導者になろうとするなら、批判を受け入れるだけの力量が必要だ。トランプ氏にはそれがない」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]