CDC、米マイアミ一部に立ち入り規制 ジカ熱で異例の勧告

スマートフォンが発する超音波で蚊が寄り付かなくなるという

スマートフォンが発する超音波で蚊が寄り付かなくなるという

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は1日、フロリダ州マイアミのダウンタウン北部の一部地区に関して異例の警戒情報を出し、妊婦やそのパートナーは同地区へ立ち入らないよう呼びかけた。地区内でのジカウイルス感染症(ジカ熱)の拡大を受けての措置だ。

感染症に感染する恐れがあるとしてCDCが米国内での立ち入り規制を勧告したのは初めて。

フロリダ州では地元で蚊に刺されてジカ熱に感染した人が新たに10人確認され、これで感染者数の合計は14人に増えた。

フロリダ州のスコット知事とCDCのフリーデン所長は1日にそれぞれ記者会見し、新たに感染が確認された10人について、200人の家庭や事業所を戸別訪問して尿検査や血液検査を実施した結果、ウイルスや抗体に対する陽性反応が出たと説明した。

これに先立ちフロリダ州は、同じ150平方メートルの圏内で蚊に刺されてジカ熱に感染した患者4人が確認されたと発表していた。この地域は開発が進む一方で、経済的に困窮した事業所や民家も多く、蚊の駆除などの対策が難しいという。

フリーデン所長は「この地域で引き続き感染が広がる恐れがあることが分かった」と述べ、「その結果を踏まえて妊婦に対してこの地域へ行かないよう勧告するとともに、もし6月15日またはそれ以降にこの地域へ行ったことがあれば、医療機関で検査を受けるよう呼びかける」とした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]