米陸軍、制服の「腕まくり」禁止を解除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米陸軍で「腕まくり」が認められた

米陸軍で「腕まくり」が認められた

ワシントン(CNN) 米陸軍は30日までに、兵士にこれまで禁じていた制服の「腕まくり」を認めることを決めた。猛暑対策などを考慮したもので、禁止解除は即時発効する。

腕まくりの承認は、米テキサス州フォートフッド基地で今月26日までの10日間にわたって実施した試験運用の結果を受けたもの。米陸軍は2005年、兵士の腕保護などの理由で腕まくりを禁じてきた。

ただ、高温下での業務遂行をしやすくするため禁止解除の要望が兵士の間で高まっていた。これらの要望の尊重が今回の承認にもたらしたとしている。

陸軍の公式サイトによると、腕まくり解禁に伴う規制事項は少なく、まくった袖はひじ上の3インチ(約7.6センチ)以上に達しないことなどが含まれた。また、解禁の対象時期の設定もなく、ハワイ州の司令官は1年を通じて随意に認めることが出来る。

米海兵隊や海軍でも兵士の腕まくりを認めているが、陸軍と違い、冬季には許可していない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]