動物園に有名ピューマ侵入、飼育のコアラを捕食か LA

動物園の監視カメラがとらえたピューマの「P22」=Los Angeles Zoo

動物園の監視カメラがとらえたピューマの「P22」=Los Angeles Zoo

ロサンゼルス(CNN) 米ロサンゼルスの動物園に、高さ2.7メートルのフェンスを乗り越えて野生のピューマが侵入した。飼育されていたコアラ1頭がピューマに捕食されたと見られている。動物園が10日に明らかにした。

オーストラリア生まれのメスの14歳のコアラ「キラニー」は、同動物園で飼育されている11頭のコアラの中で唯一、夜になると木から下りて地面を歩き回るのが好きだった。

侵入したのは研究チームが「P22」と名付けて追跡していた推定6歳のオスのピューマで、2日深夜から3日未明にかけ、動物園内に侵入した様子が監視カメラに映っていた。動物園によると、翌朝になってコアラのキラニーがいなくなっているのに気付いたという。

コアラの毛皮の一部は動物園の飼育舎の近くで見つかり、200~300メートルほど離れた場所でキラニーの死骸が見つかった。

動物園はこの夜に撮影されたビデオ映像と写真も公開した。園内をうろつくピューマには、2012年からP22を追跡している研究チームが装着した首輪が付いていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]