車にはねられたコアラ、グリルにはまって奇跡的に助かる

2015.09.28 Mon posted at 13:42 JST

[PR]

(CNN) オーストラリア南部のアデレード近郊で、1匹のコアラが車にはねられて車体前部のグリルにはさまりながら、ほとんど無傷で助け出される出来事があった。コアラは英冒険家のマイケル・グリルスさんにあやかって「ベア・グリルス」と命名され、野生に返されることになった。

アデレード近郊に住むローレン・デービスさんは夜間、街灯のない幹線道路を時速100キロで走行中にコアラを発見。別の車がいたため車線変更ができず、急ブレーキをかけたものの後続の車に衝突されそうになったため、コアラをひくしかなかったと話す。

車を止めて車内から周りを見渡したが、コアラの姿は見えなかった。夜間に女性1人で車から出るのは危険だと判断し、そのまま10~15分ほど走行して自宅に戻ったという。

「帰宅して車をガレージに入れ、電気を付けて車に傷がないか見ようとしたら、フロントグリルにコアラがはまり込んでいた」

地元のコアラ保護施設に連絡を取ったが、係員が到着するまでには1時間以上かかることが分かった。「コアラは周りを見回して、頭や腕を動かしていた。近付くとうなり声を上げた」。しかしデービスさんが毛布やタオルを置いてやると、自分でグリルからはい出してきて、ガレージの中にあった運動用具の上に落ち着いた。

やがて到着した係員に保護され、施設でけがの状態をチェックした結果、奇跡的にかすり傷を負っただけで済んでいたことが分かり、ベア・グリルスは野生に戻れることになった。デービスさんは「放す時には行って無事な姿を見届けたい」と話している。

メールマガジン

[PR]