機長が「墜落する」と放送? 乗客騒然 米サウスウエスト航空

2013.11.15 Fri posted at 10:30 JST

[PR]

(CNN) 米サウスウエスト航空の米国内便で、機内与圧調整のために急降下した際の機内放送を巡るトラブルがあった。複数の乗客が、機長は機内放送で「墜落する」とアナウンスしたと証言している。

トラブルが起きたのはフロリダ州タンパからノースカロライナ州ローリーに向かっていたサウスウエスト航空3426便のボーイング737型機。ローリーに近付いた時点で機内の気圧が下がっていることに機長が気づき、予定よりも早く降下を始めた。

この時点で機内放送が入ったといい、CNNの取材に応じた乗客のグレース・ストラウドさんは、「機長が動転した様子で『トラブル発生。墜落する』と言った」と証言した。

客室乗務員は機内を片付け始め、酸素マスクを出すよう機長に伝えていたといい、「自分はこれで死ぬのか。少なくとも長くかからないでほしいと思った」とストラウドさんは話す。

別の乗客のシェリー・ウィルスさんもCNN系列局のWTVDに対し、「機長は『墜落する』と言い、乗客はみんな『これって冗談? それとも本当に?』といった様子で周りを見回した。それから急降下するのを感じた」と話している。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]