米サウスカロライナ州「千年級の豪雨」 道路冠水で3人死亡

豪雨による道路の冠水が相次いでいる=Sam Roback

豪雨による道路の冠水が相次いでいる=Sam Roback

サウスカロライナ州チャールストン(CNN) 米南部サウスカロライナ州が4日にかけて記録的な豪雨に見舞われている。ニッキ・ヘイリー州知事は同日午後の記者会見で「1000年級の豪雨になった。これは誇張ではない」と述べ、引き続き警戒するよう呼びかけた。

専門家はこの表現について、年間にこれほどの雨が降る確率は1000分の1の確率でしかあり得ないという意味だと解説している。

これまでに同州マウントプレザントで600ミリ、チャールストン周辺で500ミリ、ジルスクリークや州都コロンビアで450ミリを超す「驚異的な雨量」(米国立測候所)を観測。同測候所は各地に鉄砲水警報を出し、「極めて危険な状態にある」と警告した。

道路の冠水による被害も相次いでおり、過去12時間で3人が死亡、750カ所あまりで救助隊が出動した。当局は、たとえ水位が浅く見えたとしても、冠水した道路に車で進入しないよう呼びかけている。州都コロンビアの市内や周辺の州間道路はすべて通行止めになった。

被災地には救助隊に加えて州兵600人が出動して、住民の救助や避難誘導に当たっている。

オバマ大統領はこの前日、1日にさかのぼって同州全域を対象とする非常事態宣言に署名していた。

国立測候所によれば、24時間で450ミリを超す雨量を観測したバークリー郡では、5日にかけても壊滅的な鉄砲水が発生する恐れがある。

4日現在、ノースカロライナやニュージャージー、バージニアの各州にも非常事態が宣言され、国立測候所はジョージア州からデラウェア州にかけての一帯に洪水注意報を出した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]