米陸軍長官に初の同性愛者 オバマ大統領が指名

オバマ大統領。米陸軍長官に初めて同性愛を公言する人物を指名した

オバマ大統領。米陸軍長官に初めて同性愛を公言する人物を指名した

ワシントン(CNN) オバマ米大統領は18日、次期陸軍長官にエリック・K・ファニング氏を指名した。米上院で承認されれば、陸海空軍長官に初めて同性愛者であることを公言する人物が就くことになる。

オバマ大統領は声明で、「エリックは長年の経験と類いまれな指導力を、この新たな役割にもたらしてくれる」「米軍兵士に対する彼の尽力に感謝しており、優れた統率力で米国陸軍の兵士を率いてくれるだろうと確信している」と述べた。

オバマ政権は米軍内でレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー(LGBT)など性的少数者の権利を推進する多数の措置を実施。今回の指名もその動きに符合している。

オバマ大統領は2010年、同性愛者であることを公言して軍務に就くことを禁じた施策を撤廃する法律に署名。今年7月には、トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)と自己規定する人がこれを公言して軍務に就くことを可能にする方向に動いていた。

ファニング氏は6月から陸軍次官代行に就任。それ以前には、カーター国防長官の下、首席補佐官を務めていた。空軍次官、海軍次官代理を務めたこともある。

カーター国防長官は声明で、ファニング氏の指名について、陸軍を率いる上で「素晴らしい選択」と指摘。「エリックは国防総省での私の最初の首席補佐官を務めた。彼と共に仕事をし、米国で最も有能かつ献身的、経験豊かな公僕の一人に成長していくのを見るのは、私のキャリアの中でも光栄なことだった」と述べた。

LGBTの軍人の家族を支援する「米軍パートナー協会」も、オバマ大統領の決定を称賛。「エリック・ファニングが世界最高の陸軍を率いる地位に指名されたことに感激している」との声明を出した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]