刃物3714本集めた女、おのや刀で警官襲撃 米フロリダ州

部屋の壁を埋め尽くす大量の刃物=HERNANDO COUNTY SHERIFF'S OFFICE

部屋の壁を埋め尽くす大量の刃物=HERNANDO COUNTY SHERIFF'S OFFICE

(CNN) 米フロリダ州で、包丁や刀、おの、なたなど計3714本の刃物をトレーラーハウスに隠し持っていた女が逮捕された。女は捜査員に刀で襲いかかるなどして激しく抵抗、トレーラーの周辺にはトラップまで仕掛けていたという。同州ヘルナンド郡の保安官事務所が17日に明らかにした。

刃物は女が住んでいたトレーラーの各部屋から少なくとも500本ずつ見つかったという。同保安官事務所は刀や包丁がぎっしり詰まった車内の写真も公開した。

逮捕されたのはニコール・エレン・フェイ・ダイケマ容疑者(47)。これほど大量に集めた理由は不明だが、同容疑者は刃物に強い執着心を持っている様子だったという。

刃物のほかにも頭蓋骨を並べた祭壇や、五角星形図、人間の頭部や手足の模型、刃物が刺さった骸骨の模型なども見つかった。車内の床や周辺の庭にはブービートラップが仕掛けてあり、刃物を押収しようとした警官5人が切り傷を負って手当を受けた。

ダイケマ容疑者を逮捕するまでには5時間を要した。同容疑者は近所の家のフェンスを切断している姿を防犯カメラにとらえられ、執行官が同容疑者を逮捕するため15日夜にトレーラーを訪れた。

しかし同容疑者はトレーラーから出ることを拒み、応援に駆け付けた警官に大きななたを振りかざして襲いかかった。警官らが車内に踏み込むと刀を振り回し、奥の部屋に引きこもったという。

このため警官らは殺傷力のない銃弾やテイザー銃を使って同容疑者を取り押さえ、警官襲撃や器物損壊の容疑で逮捕した。逮捕の際、警官にけがはなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]