体重17キロのダックスフント犬保護、プールで減量 米

浮き輪をつけてプールを泳ぐ「ビンセント」=メリッサ・アンダーソンさん

浮き輪をつけてプールを泳ぐ「ビンセント」=メリッサ・アンダーソンさん

(CNN) 米テキサス州ヒューストンで、飼い主を亡くした太り過ぎのダックスフント犬が保護され、健康な食生活と運動でダイエットに励んでいる。

7歳のオスのダックスフント「ビンセント」は、保護されたときの体重が平均の2倍の約17キロ。コレステロール値が高く、太り過ぎのため背中がくぼんで神経を損傷する恐れもあった。

保護団体の担当者が施設を訪れてたまたまその巨大な姿を見かけ、フェイスブックに写真を掲載して預かり手を募集。ダックスフントの保護活動をしているメリッサ・アンダーソンさんが面倒を見たいと申し出た。

ビンセントほど極端ではないとしても、啓発団体の2014年の調査によれば、米国の飼い犬の52.7%は太り過ぎまたは肥満と推定されている。

自宅へビンセントを連れて帰ったアンダーソンさんが健康的なドッグフードを食べさせたところ、ビンセントは嘔吐(おうと)するなど具合が悪くなった。「前の飼い主はファストフードばかり食べさせていたらしい。最初の1週間は文字通りのデトックスだった」とアンダーソンさんは言う。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]