バイデン米副大統領の長男が死去、脳腫瘍で 46歳

米副大統領の長男が死去、闘病の末に

ワシントン(CNN) ジョー・バイデン米副大統領の長男でデラウェア州司法長官を務めたボー・バイデン氏が30日、脳腫瘍(しゅよう)で死去した。46歳だった。

米ホワイトハウスが同日夜に発表した。

ボー氏は2006年から2期8年にわたってデラウェア州の司法長官を務めた後、次期州知事選に出馬する意向を示していた。長官在任中の08年には米軍部隊とともにイラクにも赴いた。

10年に軽い脳卒中を起こしたものの、後遺症は残らなかった。しかし13年の休暇中にめまいなどを訴えて倒れ、脳腫瘍と診断された。手術で摘出したが今年春に再発し、メリーランド州の病院で治療を受けていた。30日の夕方、親族に見守られて息を引き取った。

ボー氏の母で副大統領の前妻、ネイリアさんは1972年に交通事故で死亡した。一緒に車に乗っていた子どもたちのうち、1歳の妹も亡くなったが、当時2歳だったボー氏は弟とともに助かった。

父ジョー氏はその直後に上院議員に就任したが、息子たちの子育てにも時間を惜しまなかったという。同氏は77年に現在の妻、ジルさんと再婚した。

ボー氏には妻との間に2人の子どもがいる。ジョー氏は30日、ボー氏をしのんで「仕事上の業績ばかりでなく、夫として父親としての自分、息子や兄としての自分を省みる姿勢を忘れなかった」「私の父はかつて、子育てが成功したことは子どもが自分を超えた時に分かると話していた。ボーはまさにその言葉通りの息子だった」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]