警官襲った3人組を警察犬が撃退 米ミシシッピ

警察犬のルーカス。暴漢に襲われた警官の窮地を見事に救った

警察犬のルーカス。暴漢に襲われた警官の窮地を見事に救った

(CNN) 米ミシシッピ州でこのほど、3人の男に襲撃された保安官代理が相棒の警察犬の活躍で救われるという一幕があった。

ハンコック郡保安官事務所によれば、トッド・フレーザー保安官代理は先週夜、パトカーを走行中に道端で止まっている車に気がついた。運転席には男性が座っており、ライトは消えていたという。

フレーザー保安官代理は何か助けが必要なのではと思い、パトカーを降りて車に近づいた。すると近くの森から物音がし、2人の男が突進してきた。

保安官代理は車から離れようとして、よろけて転倒。そのとき、運転席にいた1人を含む3人の男が襲いかかってきて、鋭利なもので保安官代理の額を切り、森の中に引きずり込んだという。

フレーザー保安官代理は抵抗しながら、首回りに装着したリモコンを押してパトカーの後部ドアを解錠。乗っていた警察犬のルーカス(ベルジアン・マリノア種)はすぐにドアから飛び出すと保安官代理の方へ駆け寄り、容疑者の1人に噛みついた。3人は車で逃げていった。

フレーザー保安官代理は切り傷を負ったが命に別条はない。ルーカスにけがはなかった。

容疑者は現在も逃亡中。警官を狙った犯行だったのかどうかは不明だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]