バイデン米副大統領、「中国に懸念伝える」 アジア歴訪

米副大統領の記者会見

(CNN) アジア歴訪で来日したバイデン米副大統領は3日、安倍首相との共同記者会見で、次の訪問国となる中国では、同国が設定した防空識別圏に対する米国の懸念を伝えると言明した。

バイデン副大統領は、「東シナ海の現状を一方的に変更しようとする動きを米国は深く懸念している」「中国指導部との会談では、その懸念を具体的に直接表明する」と述べた。

防空識別圏の問題では中国の出方を巡って懸念が強まっていることも念頭に、「米国はこの重要地域の緊張を緩和することに関心がある。北東アジアのすべての国が、我々と同じ関心を共有していると信じる」と強調した。

日米同盟関係については、米国の日本に対するコミットメントは極めて重要だと強調、日本をこの地域の安定の礎と位置付けている。

バイデン副大統領と安倍首相の会談では防空識別圏の問題に加えて、日米の経済的、軍事的関係の強化についても話し合った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]