「雪かき」怠った米国務長官に罰金5850円、自宅の歩道

ケリー米国務長官

ケリー米国務長官

ワシントン(CNN) ケリー米国務長官の報道担当者は31日までに、米東部マサチューセッツ州ボストンにある自宅周辺の歩道で「雪かき」を怠ったとして罰金50ドル(約5850円)が長官に科されたことを明らかにした。

同州は最近、寒波に見舞われ、60センチ以上の積雪を記録。ケリー氏は吹雪に襲われた時期は、オバマ大統領と共にサウジアラビアに滞在中だった。長官は同州選出の上院議員を務めていた。

罰金の命令は、通行人が雪が積もった歩道の様子を撮影し、ボストンのインターネットメディアに投稿したのがきっかけ。

長官の報道担当者によると、自宅周辺の除雪を依頼していた専門会社は自宅正面部分では作業を終えていた。しかし、敷地脇の歩道部分に張られていた黄色のテープを警察の規制線と間違え、放置していたという。

このテープは、屋根などから落ちる雪や氷に対して通行人に注意を呼び掛けるものであることが判明した。

歩道部分の積雪はその後、除去された。報道担当者は「長官は罰金をもちろん支払う。吹雪が今年2度起こらないことを期待しよう」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]