浅瀬のクジラ数十頭が沖に移動 救出への期待高まる 米

浅瀬にクジラ50頭迷い込む

フロリダ州エバーグレーズ国立公園(CNN) 米フロリダ州エバーグレーズ国立公園の沿岸の浅瀬にはまってしまった数十頭のクジラ(コビレゴンドウ)が5日、海のやや深い場所に移動し、救出への期待が高まった。

クジラはすでに残り35頭となっているが、米海洋大気局(NOAA)の海洋ほ乳類専門の科学者ブレア・マッセ氏によると、野生動物保護団体の関係者は残りのクジラはいずれ深い水域に戻ると見ているという。ただ深い水域まではまだ数キロの距離があり、慎重な姿勢は崩していない。

51頭のうち、瀕死の状態で見つかり安楽死処分となった4頭を含め11頭がすでに死亡し、さらに昨晩5頭が行方不明になったという。沿岸警備隊が上空から捜索を行ったが、まだ発見には至っていない。

しかし、残りのクジラが昨晩の間に沖に向かって移動したことにより、生存の可能性が高まった。4日にも救助隊が約15隻の船を出してクジラを沖に移動させようとしたが、クジラたちが0.7~1.2メートルの浅瀬にはまってしまい、うまくいかなかった。

マッセ氏は「クジラたちが昨日いた浅瀬にいなかったので驚いた。彼らはすでにかなり北に移動しており、さらに沖の方向に移動していた」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]