禁錮1000年の受刑者が自殺 米3女性監禁事件

禁錮1000年の受刑者が首つり自殺

(CNN) 米オハイオ州クリーブランドで女性3人が約10年にわたって監禁・暴行されていた事件で、禁錮1000年の有罪判決を受け服役中のアリエル・カストロ受刑者が3日夜、刑務所内で首をつっている状態で発見された。搬送先の病院で死亡が確認された。

州の矯正当局によると、同日午後9時20分ごろ、カストロ受刑者が独房で首をつっているのを発見。刑務所の救急隊員が蘇生措置を試みたが、午後10時52分、搬送先のオハイオ州立大学の病院で死亡を宣告された。

州当局によると、カストロ受刑者は独房にいて、30分に一度刑務官が様子を確認していたいという。

カストロ受刑者の親族はCNNに対して、受刑者の死亡の情報は報道で知っているが、州当局からの連絡はまだないと語った。

判決などによると、カストロ被告は2002年から04年にかけて3人の女性を拉致し、その後約10年にわたり強姦や暴行を繰り返した。

同被告は死刑を免れることと引き換えに、誘拐など937件の起訴事実を認めていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]