中国とラオスを結ぶ鉄道、線路開通 全長1000キロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国ラオス間の新鉄道1000キロ 年内に運行開始へ

(CNN) 中国と隣国ラオスを結ぶ新しい鉄道の線路が開通した。中国が巨大経済圏構想「一帯一路」の下で進める初の国際鉄道網プロジェクトとなる。

同鉄道はラオスの首都ビエンチャンと中国雲南省の省都・昆明を結ぶ。両国の間に45駅が設置される予定で、うち約20駅で旅客サービスを運行する。

中国中鉄は声明を発表し、この鉄道によってラオスは「陸に閉ざされた国から陸で結ばれた国」へと転換すると強調した。両国を結ぶ貨物列車と旅客列車は年内に運行を開始する。

中国とラオスの国境となるトンネル内=15日/Chine Nouvelle/SIPA/Shutterstock
中国とラオスの国境となるトンネル内=15日/Chine Nouvelle/SIPA/Shutterstock

現時点で鉄道の全長は1000キロ以上。昆明から、ラオスと国境を接する景洪まで約3時間で到達できる。

国営メディアによると、中国とラオスを結ぶ鉄道は12月に全面的な運行開始を予定している。

中国は過去10年で鉄道建設に多額を投じ、高速鉄道網は2008年以来、3万7900キロ延長された。アフリカのケニアなど、他国の鉄道プロジェクトにも投資している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]