ウェディングドレスとともに夫婦で世界旅行 「何度でも着たいから」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エジプトを訪れたサマンサ・マシューさん=7月2日/Courtesy Samantha Mathew

エジプトを訪れたサマンサ・マシューさん=7月2日/Courtesy Samantha Mathew

(CNN) ウェディングドレスを一生に1度しか着ないのはもったいない――。そんな気持ちが始まりだった。結婚式から2年半足らずで、サマンサ・マシューさんのドレスはすでに世界13カ国を旅している。

サマンサさんが国際線に乗る時は、いつも真空バッグに詰めたウェディングドレスが一緒だ。発達障害児を対象とする行動分析の専門家サマンサさんと、医師の夫アンドリューさんは、ともに29歳。旅行好きの夫婦はハネムーンと結婚記念日に世界の名所を訪ね、行く先々で必ずドレス姿の写真を撮ってきた。

サマンサさんはもともと、1回限りのドレスにお金を使うのは非実用的という考えで、中古か安物を買うつもりだった。ところが実母からは「あこがれのドレスを」「ぜひ新品を」と強く勧められた。

店で豪華なドレスを手に取ってみたが、6000ドル(約68万円)の値札に目が飛び出た。高価な買い物をするのなら、1回で終わらせたくない。2人は相談して、ハネムーンにドレスを持ち歩くことにした。その後も毎年、記念日ごとに旅先で着ればいい。

ドレスショップで「丸めてバッグに入る、持ち運びしやすいタイプを」とリクエストしたら、店員に変な顔をされたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]