ビットコイン高騰、6万ドルを突破 ETF承認に期待感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインが値上がりを続け、6万ドルを突破した/Edward Smith/Getty Images

ビットコインが値上がりを続け、6万ドルを突破した/Edward Smith/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 10月に入り高騰が続く暗号資産(仮想通貨)ビットコインは15日も値上がりし、この日は6万ドル(約680万円)を突破した。米証券取引委員会(SEC)が近くビットコインの先物ETF(上場投資信託)を承認するとの期待から買いが集まった。

投資家の興奮を誘ったのは、SECの投資家教育支援局が投稿した1本のツイートだった。同局は14日遅く、「ビットコイン先物を保有するファンドに投資する前に、必ず潜在的なリスクと利益を慎重に検討するように」と書き込んだ。

これに対し、SECが近く「ビットコイン先物を保有するファンド」を承認する方針を暗黙に認めたとの見方が広がった。

ビットコイン先物のETFをめぐっては、プロシェアーズ、インベスコ、バンエック、ギャラクシーデジタルを含む多くの投資会社がSECに申請を行っている。

ETFは「マイニング(採掘)」の手間をかけたくない個人投資家にとって、ビットコインを売買する代替的な方法となる。ビットコインの採掘では、高額なコンピューターを使って新たなコインを生成する複雑な数学的問題を解く必要がある。

ETFの登場で一般の投資家がさらに暗号資産を購入しやすくなるとの期待から、ビットコインの強気筋はSECの承認を心待ちにしてきた。

今月はビットコインの値動きが激しい。先週4週間ぶりに5万ドルを突破したかと思うと、米富豪投資家ジョージ・ソロス氏の一族のオフィスがビットコイン投資を開示したことを受け、その後すぐに5万5000ドルを上抜けた。

15日には6万2000ドル近くに上昇し、今年前半に付けた約6万5000ドルの最高値まであと5%ほどに迫っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]