ウェディングドレスとともに夫婦で世界旅行 「何度でも着たいから」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ギリシャ首都アテネにあるアクロポリスにて撮影/Courtesy Samantha Mathew

ギリシャ首都アテネにあるアクロポリスにて撮影/Courtesy Samantha Mathew

アンドリューさんも最初のうちはスーツ姿で登場していた。最近は撮影係に徹しているが、サマンサさんからのリクエストで隣に並ぶこともある。

2019年の結婚記念日にはコスタリカを訪ねた。パンデミック(世界的大流行)のさなかだった昨年は、ロサンゼルスの自宅で記念撮影をした。

2020年5月の2回目の結婚記念日は米ロサンゼルスの自宅で過ごした/Courtesy Samantha Mathew
2020年5月の2回目の結婚記念日は米ロサンゼルスの自宅で過ごした/Courtesy Samantha Mathew

新型コロナウイルスワクチンの接種を済ませた今年は、そろって2カ月の休みが取れた。ペルーで2週間過ごしてから数日間だけ自宅へ戻り、さらに6週間かけてイタリア、ヨルダン、エジプト、ケニア、ギリシャ、クロアチアを回った。

普段なら同じ場所を繰り返し訪れるタイプではないが、イタリアとケニアはとても気に入ったし、渡航者を受け入れていたこともあって再訪した。サマンサさんは「パンデミック下の旅は勝手が違ったけれど、不可能ではなかった」と話す。

今のところ次回の計画は立っていないが、夫婦はドレスを持って旅行を続けるつもりだという。着古して布切れ1枚になったら「私たちの娘のドレスに縫い付けてもいいし、額に入れてもいい」と、サマンサさんは思い描く。このドレスは2人に、今後もたくさんの思い出をつくってくれそうだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]