最強のパスポート、日本とシンガポールが依然トップ

英コンサルティング会社「ヘンリー・アンド・パートナーズ」が世界各国のパスポートを比較したランキングの最新版を公表した/Justin Sullivan/Getty Images North America/Getty Images
写真特集:世界最強のパスポートランキング

英コンサルティング会社「ヘンリー・アンド・パートナーズ」が世界各国のパスポートを比較したランキングの最新版を公表した/Justin Sullivan/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) ビザ(査証)なしで入国できる国・地域の数に基づき、世界各国のパスポート(旅券)を比較したランキングの最新版で、日本とシンガポールが依然トップに立っていることが分かった。

英コンサルティング会社、ヘンリー・アンド・パートナーズが航空運輸業界団体の国際航空運送協会(IATA)からのデータを基にまとめ、各国のビザ政策に応じて随時更新している。

世界199カ国のパスポートについて、227カ国・地域の渡航先のうち何カ国にビザなし、または到着ビザ制度で入れるかを調べ、その数を各国のスコアとする。

7月に発表された前回のランキングでも、日本とシンガポールがトップだった。両国の今回のスコアは190。

2位の韓国、フィンランド、ドイツ、3位のデンマーク、イタリア、ルクセンブルク、4位のフランス、スペイン、スウェーデンという顔ぶれも前回と同じ。スコアはそれぞれ188、187、186だった。

パキスタンが最近、厳しかったビザ政策を変更し、フィンランドや日本など計50カ国からの渡航者は電子渡航認証(ETA)のみで入国できるようになったため、対象国のスコアは1ポイント上がった。米国と英国は対象に含まれていない。

2014年のランキングでは米英両国がトップに並んでいた。今回の順位はどちらも6位にとどまった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]