ミシュラン二つ星店が閉店へ、家族優先で スウェーデン

スウェーデンの有名レストラン「フェービケン」を経営するマグヌス・ニルションさん/Courtesy Fäviken Magasinet

スウェーデンの有名レストラン「フェービケン」を経営するマグヌス・ニルションさん/Courtesy Fäviken Magasinet

(CNN) スウェーデンにあるミシュラン二つ星の有名レストラン「フェービケン」を経営する料理長のマグヌス・ニルションさんはこのほど、今年12月14日の営業をもって閉店すると発表した。

インスタグラムの公式アカウントで、「もう十分」との気持ちを吐露。過去10年続けた店を閉めた後は働かず、家族とのだんらんや釣り、庭いじり、体を鍛えることに時間を費やすと述べた。

フェービケンはスウェーデン首都ストックホルムから北へ約600キロ離れた場所に店を構えている。地元の食材を逸品に仕上げる創造的な調理手法が評判で、欧州では最も人気がある1店となっている。

ミシュランガイドの星の獲得は料理人の宿願とも言われるが、この格付けを辞退する動きも近年目立っている。英ウェールズにあるフランス料理店「チェッカーズ」は昨年9月に一つ星を返上し、より控え目な店の形態で再出発を図る計画を発表していた。

17年9月には、フランスの三つ星シェフ、セバスチャン・ブラスさんがミシュランに対し三つ星を取り上げるよう申し出てもいた。これらの店はいずれも権威が増した店運営に伴うプレッシャーを受け、疲労感が募ることも白状していた。

35歳のニルションさんも同様の心境を漏らし、「うそは言いたくない。店を続けていくことに少々疲れた」と打ち明けた。閉店については簡単な決断ではなかったとしたが、正しい選択肢とも信じると強調した。

フェービケンは計24席あり、季節のメニューは345米ドル(約3万7950円)相当で味わうことが出来る。宿泊用の部屋も6室用意している。最後の開店期間も予約客で既に満席になっているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]