これぞパイロットの特権、操縦室からの壮大な眺め

航空機の窓や機体の表面が発光する自然現象、セントエルモの火/Courtesy Christiaan van Heijst

航空機の窓や機体の表面が発光する自然現象、セントエルモの火/Courtesy Christiaan van Heijst

飛行中の孤独感

ファンハイスト氏は、パイロットになって以来約15年間、写真技術を磨いてきた。

無論、飛行機の操縦が最優先であり、写真は撮れる時だけ撮る、とファンハイスト氏は言う。

ファンハイスト氏の写真は主に長時間露光で撮影されている。グレアシールドの上にカメラを設置し、広角レンズを使ってなるべく景色全体を捕らえるようにしている。

「まだ技術を習得し、腕を磨いている最中」とファンハイスト氏は言う。

「操縦席には三脚を立てるスペースはなく、(カメラを固定するための)吸着カップも使用していないので、カメラを手で持ったまま隅の方に持っていき、あとはいい写真が撮れることを祈るだけだ」(同氏)

また、いつ巻き込まれるか分からない乱気流とも戦う必要がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]