これぞパイロットの特権、操縦室からの壮大な眺め

垂れ下がったように見える飛行機雲/Courtesy Christiaan van Heijst

垂れ下がったように見える飛行機雲/Courtesy Christiaan van Heijst

息をのむほど美しい景色は、大体どんな撮り方をしても美しいが、窓の外に広がる空の壮大な景色をより引き立たせるためにキャビン内部を利用することがある。

操縦室の中と外の対照的な景色の撮影は、パイロットにとって満足感があり、さらに操縦室の中の様子を人々に知ってもらう手段でもある。

「これらの写真は、操縦室の内部と外の世界が両方写っている。これはパイロットが飛行中に感じる孤独感を写真で表現する数少ない方法の1つだろう」(ファンハイスト氏)

パイロットしか知らない世界

同僚の操縦士らはファンハイスト氏の写真撮影に大変協力的だが、ファン・ハイスト氏はなるべく彼らが写真に写らないようにしている。

「操縦士の多くは写真を撮られても気にしないが、写真に人が入るとそちらに気を取られ、肝心の景色に目がいかなくなってしまうため、なるべく写真に人を入れないようにしている」とファンハイスト氏は言う。

しかし、ファンハイスト氏は写真にあえて操縦中の同僚を入れることもある。それにより、「操縦室という高度な技術を要求される環境と外の世界」のコントラストが際立つという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]