ハウステンボスにロボットホテル誕生へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フロントでは人型ロボット「アクトロイド」が客を迎える=ハウステンボス/J-16211提供

フロントでは人型ロボット「アクトロイド」が客を迎える=ハウステンボス/J-16211提供

ハウステンボスの沢田秀雄社長は「世界一生産性の高いホテル」だと胸を張る。また、将来的には施設運営の9割をロボットに任せたいと語る。

沢田社長はまた日本経済新聞に対し、世界進出を目指しており、同様のホテルを1000カ所に展開したい考えだと語った。

ハウステンボスによれば、未来的でなおかつローコストなホテルを実現するための特徴はロボットだけではない。

客室に入るには鍵ではなく顔認証技術を使う。部屋のアメニティは最低限にとどめ、客は必要に応じて部屋に置かれたタブレット端末から注文する。

冷暖房にはエアコンの代わりに、人体の熱を検知し、快適な温度になるよう調節する放射パネルを使用する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]