ハウステンボスにロボットホテル誕生へ

ハウステンボス内にこの夏にオープンする「変なホテル」=ハウステンボス/J-16211提供

ハウステンボス内にこの夏にオープンする「変なホテル」=ハウステンボス/J-16211提供

(CNN) 機械ゆえに冷たいイメージもあるロボット。だがロボットと共生する未来は、思いのほか人に優しいのかもしれない。

長崎県にあるテーマパークのハウステンボスは、人に代わってロボットが客をもてなすホテルをこの夏、開業すると発表した。

ホテルの名称は「変なホテル」で、7月17日に72部屋、2階建ての第1期棟がオープンする。来年には同じく72部屋の第2期棟をオープンさせる予定だ。

「変わり続けることを約束するホテル」のうたい文句のもと、フロントで客を出迎えるのは人間そっくりの「アクトロイド」3体だ。宿泊客と知的な会話もできるという。

ホテルではこのほかに、荷物運びなどを担当するロボットが4体、清掃などを担当するロボットが数体、働く予定だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]