北京に楕円のホテル、「日の出」をイメージ

2014.10.11 Sat posted at 09:00 JST

[PR]

(CNN) ユニークなホテルの建設が相次ぐ中国に、またひとつ新たな大物が登場した。北京市内に来月オープンするサンライズ・ケンピンスキー・ホテルだ。

北京中心街から約60キロ離れた雁栖湖のほとりに、1万枚のガラスパネルで覆った建物がそびえている。高さ97メートルの21階建てで、スイートルームを含めた客室数は306室。のべ9300人以上の作業員が2年間かけて完成させた。

上海の建築事務所が国際チームを組んで手掛けたというデザインは、中国経済の発展を象徴する日の出のイメージ。ガラスパネルの上部は空、中央は近くの雁山、下部は湖を映し出す。夜になると全体が水力発電の発光ダイオード(LED)で照らされる。

入り口には繁栄のシンボルとされる魚の口、横から見た姿は幸運を意味するホタテ貝の形を取り入れた。

敷地面積は14平方キロと、独ケンピンスキーが中国で運営するホテルの中で最大となる。本館のほか、湖に浮かぶ島にも宿泊施設が点在する。14店のレストランや2つのスパ、専用マリーナなどが完備されている。

中国では昨年8月、上海近郊の太湖を望むドーナツ型のビル、シェラトン湖州温泉リゾートもオープンして話題を呼んだ。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!