EU当局、アマゾンに制裁金970億円 データ保護違反で

独ザクセン・アンハルト州にあるアマゾンの物流センターで荷物を運ぶ従業員/Klaus-Dietmar Gabbert/picture alliance/Getty Images

独ザクセン・アンハルト州にあるアマゾンの物流センターで荷物を運ぶ従業員/Klaus-Dietmar Gabbert/picture alliance/Getty Images

(CNN) 米アマゾンが、欧州連合(EU)のデータ保護当局から「一般データ保護規則(GDPR)」に違反したとして7億4600万ユーロ(約970億円)の制裁金を科されていることがわかった。GDPR違反の制裁金としては過去最大規模。

制裁金は7月16日に科されたもので、アマゾンが先ごろ開示した決算報告書でわかった。GDPRは施行から約3年経つが、2019年には米グーグルに対して5000万ユーロの制裁金が科されていた。

データ保護当局によれば、アマゾンは個人データの処理がGDPRの基準を満たしておらず、アマゾン側も商慣習を変更するよう指示を受けたことを認識しているという。

アマゾンは、当局の判断について根拠のないものだとの見方を示し、争う姿勢を示している。

今回の制裁金はルクセンブルクの当局によって科された。ルクセンブルクにはアマゾンの欧州本部がある。

今回の制裁金は、欧州の規制当局がIT大手に標的を定めていることを示す最新の事例だ。欧州や英国の当局者は、競争の阻害や消費者のプライバシーの悪用といった申し立てを行うなか、アマゾンやアップル、フェイスブック、グーグルといった企業の商習慣に対しても綿密な調査を行うことが増えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]