ツイッターCEOとジェイ・Z氏、ビットコイン基金の設立を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイッターのドーシーCEO(右)とジェイ・Z氏がビットコインのための基金を設立/Getty Images

ツイッターのドーシーCEO(右)とジェイ・Z氏がビットコインのための基金を設立/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米ツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は12日、ラップ歌手のジェイ・Z氏と共同で、仮想通貨ビットコインの開発促進のための基金を設立すると発表した。

ドーシー氏のツイートによると、基金は白紙委任で取り消し不可能な信託として設立され、アフリカとインドで重点的に展開されるという。基金がドーシー氏やジェイ・Z氏から指示を受けることは一切ない見通しで、現在は取締役3人を募集中。両氏はこのプロジェクトに500ビットコイン(約2300万ドル=約24億円)を投じている。

ドーシー氏率いる米決済大手スクエアは昨年10月、4709ビットコイン(当時のレートで約5000万ドル)を購入。18年にはモバイル決済サービス「キャッシュ・アップ」を拡張して、銀行口座を持たないユーザーでもビットコインの取引をできるようにした。19年にはビットコイン開発者などに助成金を供与するプロジェクト「スクエア・クリプト」も立ち上げた。

またツイッターの幹部は今週のインタビューで、従業員への支払いを含むビットコインの新たな用途を検討中だと明らかにした。

ビットコインを巡っては、米電気自動車(EV)大手テスラが8日、現金の一部を従来の通貨ではなくビットコインで保有すると発表。近く自動車代金の支払いにビットコインを受け付ける方針も示していた。

米クレジットカード大手マスターカードも10日、ビットコインでの決済に対応する方針を明らかにし、年内に自社ネットワークで「一部の暗号通貨」を直接扱えるようにすると発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]