英エリザベス女王、インスタにデビュー 初メールから43年

エリザベス女王がインスタデビュー

ロンドン(CNN) 英エリザベス女王が7日、ロンドン市内の科学博物館を訪れ、インスタグラムに初めて写真とコメントを投稿した。電子メールを使い始めてから43年後のインスタデビューだった。

女王が共有したのは、19世紀の数学者でコンピューターのパイオニアだったチャールズ・バベッジが、ビクトリア女王の夫アルバート公に宛てた手紙だった。

写真に添えた投稿には、「きょうは科学博物館を訪れ、高祖父アルバート公に宛てた1843年の手紙を発見して興味を持った」と記している。この文面は博物館内でiPadのタッチ式画面から入力し、英王室の公式アカウント「@TheRoyalFamily」に投稿した。同アカウントは460万人がフォローしている。

投稿には「エリザベスR」の署名が添えてあった。

同博物館はこの投稿に対し、「科学博物館のスミスセンター開館に当たり、女王陛下がインスタグラムに初めて投稿されたことを光栄に思います」とコメントしている。

スミスセンターは同博物館の支援者のための新スペース。エリザベス女王は同センターの披露と夏の展示会の発表に合わせて科学博物館を訪れていた。

英王室は、インスタグラムとフェイスブック、ツイッターに公式アカウントを持ち、何百万人ものユーザーにフォローされている。

こうしたアカウントでは、メーガン妃やキャサリン妃を中傷する内容の投稿が相次いだことから、王室が数日前にガイドラインを公表して礼節を求め、違反したユーザーはブロックしたり、警察に通報したりする場合もあると通告していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]