ロシアのネット企業、黒人向け護身講座開催に資金提供 米

2017.10.19 Thu posted at 14:43 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) ロシアによる米大統領選介入疑惑に関連し、ロシアのインターネット企業とのつながりが指摘される団体が、米各地の個人トレーナーに金銭を支払ってアフリカ系米国人を対象とした護身術の講座を開いていたことが19日までに分かった。

ロシアのネット企業については、フェイスブックに掲載された多数の虚偽広告への関連が指摘されている。当該の護身術の講座開催には、住民の恐怖心をあおりつつ、ロシア関連企業のプロパガンダに影響されやすそうな米国人の連絡先などを収集する狙いがあったとみられる。

「ブラックフィスト」として知られるこの団体は、一連のイベントを宣伝するサイトに「自分の権利を守る準備をしよう。黒人の力が重要であることを知らしめよう」と記していた。イベントには、白人警官による黒人射殺に抗議する「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大切だ)」運動との関連を示唆する狙いがあった模様だ。

同団体は今年1月に設立されたとみられ、今年いずれかの時点で活動を停止するまでイベントを開催していた。一連のイベントは、ロシア政府との関係が指摘されている「インターネット・リサーチ・エージェンシー(IRA)」により企画された公算が大きい。イベントを取り仕切るトレーナーはこのことを知らなかった。

ブラックフィストは今年1月、ニューヨーク・ブルックリンで格闘技を教える男性に接触。男性は1月から5月にかけて、十数回のイベントを開催した。ロシア関連団体が背後にいるとは1度も疑わなかったという。

男性は米検索大手グーグルの決済サービスなどを通じ、月320ドル(約3万6000円)の支払いを受けた。同団体からの連絡は5月に突然途絶えたという。

メールマガジン

[PR]