ロボットの暴走防ぐ「停止スイッチ」、欧州議会が義務化提案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回の提案では、倫理的で安全なロボットを設計するための指針の策定を求めている

今回の提案では、倫理的で安全なロボットを設計するための指針の策定を求めている

この3原則では、ロボットは人間を決して傷つけてはならず、人間の命令に常に従わなければならない。また、人間に危害を加える結果にならない限りにおいて、ロボットは自らを守らなければならないとされる。

この提案では、ロボットは機械であることがはっきり分かるように作ることを求めている。ロボットに対し、人間が愛着を持ちすぎないようにするためだ。

ロボットの製造者や所有者に保険加入を義務づけることも求めた。自動車保険のようなものだ。

ロボットが進化して人間の労働者に取って代わる時代が来たら、所有者に税金や社会保障費の支払いを求めるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]