ロボットに脅かされる仕事は 記者や弁護士など8職種

ロボットに仕事を奪われる時代が来る?

ロボットに仕事を奪われる時代が来る?

ニューヨーク(CNNMoney) ロボットなどの未来技術がどの時点で脅威と化すのか、経済学者の間で意見は分かれる。しかし職種によってはいずれ、ロボットと仕事を奪い合うことになるかもしれない。

デジタルメディアに詳しいウェッブメディア・グループの創業者、エイミー・ウェッブ氏は、10~20年以内にロボットに取って代わられそうな職種は少なくとも8種類あると予想して、米ロサンゼルスで先月行った講演で紹介した。その8つの職種を以下に挙げる。

1)料金徴収係とレジ係

「アップルウォッチ」などのウェアラブル技術や「アップルペイ」のようなモバイル決済システムが普及すれば、料金所の係員やスーパーのレジ係といった職業は時代遅れの存在になるかもしれない。「実際のところ、全行程に人間がいる必要はない」とウェッブ氏は言う。

2)宣伝担当

いずれ強力な宣伝ツールが登場すれば、伝えたい相手に対して的確にブランドやファッションの宣伝ができるようになるかもしれない。

ウェッブ氏によれば、顧客の行動を調べてどんな宣伝が最も効果的かを見極める技術の実験も行われているという。もしそうした技術が通用するなら、広告会社などのクリエーティブチームや戦略チームは縮小されるだろう。

3)顧客サービス

顧客サービスは米国からインドなど賃金の低い国へ委託されるケースが増えている。さらに多くの人員が、予測分析などの新技術に取って代わられる可能性もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]