中国「独身の日」商戦、アリババが1時間で5500億円売り上げ

2016.11.11 Fri posted at 13:38 JST

[PR]

中国・深セン(CNNMoney) 中国では11月11日は「独身の日」。同国のネット通販最大手アリババ集団はこの日、毎年恒例のバーゲンセールを開催している。

最初の1時間だけで、売上は353億元(約5530億円)。昨年の売上記録を破る勢いで、米国のクリスマス商戦の始まりを告げるブラックフライデー(感謝祭直後の金曜日)とサイバーマンデー(同月曜日)を合わせた規模を上回る。

深夜0時のセール開始を前に開かれたイベントには、サッカー選手のデービッド・ベッカム氏夫妻やバスケットボールのコービー・ブライアント選手といった有名人が登場した。

セール開始から最初の数時間についてみると、取引の80%以上がスマートフォン経由だった。アリババは買い物客をつなぎとめるために、仮想現実(VR)体験や拡張現実(AR)ゲームといった仕掛けも用意した。

メールマガジン

[PR]